EBM

妊娠女性へのアセトアミノフェンとADHDの関連性

今回、SNS上で、アセトアミノフェンとADHDの関連性を示すような議論がされておりましたので、個人的にも調べてみることにしました。恥ずかしながら、妊婦さんには、アセトアミノフェンは問題ないと思考停止のような状態になっておりましたので、今回...
本紹介

読んだ本の紹介:東大の先生!文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!

今回、本書((西成活裕.東大の先生!文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!.かんき出版))を読ませたいただいた理由は、統計の勉強をしていく上では、数学を学びなおした方がいいのではと考えたからです。僕は理系ではありますが、数学は、公...
ポリファーマシー

漫然投与の可能性のある治療薬の中止のシステマティックレビュー

高齢になるにつれ、慢性疾患を罹患していないという方はほとんどいないかと思われます。例えば、高血圧、慢性心不全、安定狭心症、心房細動、脂質異常症、糖尿病、変形性関節症、慢性閉塞性肺疾患、骨粗鬆症を罹患する仮想患者をガイドライン通りに治療しよ...
ファーマシューティカルケア

Medication reviewへの患者さんの参加の重要性

薬物関連問題(DRP)を特定するためには、患者さんの参加が不可欠であるとする文献が出ておりました。今回読んでみた文献の試験((Kari H.et.al.Patient involvement is essential in identif...
本紹介

読んだ本の紹介:メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問

今回、本書((細谷功.メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問.PHPビジネス新書))を読ませていただいた理由は、自分は感情論で話す時が多く、「なんとなくいいと思う」、「これくらい上がりました」のように抽象的な答えをすること...
ファーマシューティカルケア

薬剤師の対人業務の評価

対人業務の評価として、少し気になる文献が出ておりましたので目を通してみました。 General practice pharmacist training pathway イングランドでは、医師の働き方改革のため、『Clinical Pha...
ポリファーマシー

抗コリン作用を有する薬物のリストについて

抗コリン作用を持つ薬剤は、めまい、鎮静、せん妄、口渇、ドライアイ、便秘、尿閉、視力障害、心拍数の増加などがあり、また認知機能への影響も懸念されています。抗コリン作用を持つ薬は、一般的に使用されることも多く、抗コリン作用を持つ薬を複数使用し...
本紹介

読んだ本の紹介:マンガでわかる統計学【素朴な疑問からゆる~く解説】

 臨床文献を読むようになり、2年くらいたったのですが、未だに統計の部分は、ながら読みをしておりまして、また、会社で論文抄読会を開いたときに、統計の部分をもっとわかりやすく説明できるようになるためには、個人的理解をもっと増やしていく必要があ...
在宅医療

STOPPFrail – 虚弱な成人における高齢者処方のスクリーニングツール

高齢者のための潜在的に不適切な薬物の明示的なリストとして、STOPP/START version 2 criteriaがあります((STOPP/START criteria for potentially inappropriate pr...
落書き帳

Age-friendly – 年齢にやさしい医療機関

Age-friendlyについて、前回学習しました。 Age-friendly – 年齢にやさしい社会 今回は、より、医療機関について、薬局、病院に関連している事項についての文献を読んでみて学習してみることにしました。 年齢にやさしい薬局...
タイトルとURLをコピーしました