ポリファーマシー

ポリファーマシー

漫然投与の可能性のある治療薬の中止のシステマティックレビュー

高齢になるにつれ、慢性疾患を罹患していないという方はほとんどいないかと思われます。例えば、高血圧、慢性心不全、安定狭心症、心房細動、脂質異常症、糖尿病、変形性関節症、慢性閉塞性肺疾患、骨粗鬆症を罹患する仮想患者をガイドライン通りに治療しよ...
ポリファーマシー

抗コリン作用を有する薬物のリストについて

抗コリン作用を持つ薬剤は、めまい、鎮静、せん妄、口渇、ドライアイ、便秘、尿閉、視力障害、心拍数の増加などがあり、また認知機能への影響も懸念されています。抗コリン作用を持つ薬は、一般的に使用されることも多く、抗コリン作用を持つ薬を複数使用し...
ポリファーマシー

ポリファーマシーと低栄養

今回は、低栄養とポリファーマシーについて調べてみました。 低栄養とは、『栄養素の摂取が生体の必要量より少ないときに起こる体の状態』となっています。((厚生労働省:e-ヘルスネット)) ≪読んでみた論文≫ ・低栄養の原因を調べるため行われた...
ポリファーマシー

2019 AGS BEERS CRITERIAを読んでみて

AGS BEERS CRITERIAが2019年版で更新されていましたので、読んでみました。 American Geriatrics Society 2019 Updated AGS Beers Criteria® for Potenti...
ポリファーマシー

高齢者の薬物治療の最適化に対する薬剤師の介入の効果

今回は、薬物治療の最適化に関して、薬剤師が介入を行った際の効果についての論文を読んでみることにしました。 The effect of pharmacist-led interventions in optimising prescribi...
ポリファーマシー

かかりつけ薬剤師としての減薬に思うこと

かかりつけ薬剤師制度も始まりしばらくたち、少しずつ普及してきています。かかりつけ薬剤師制度に関しては、個人的には賛成なのですが、実態にはまだまだ改善すべきところがあるのではないかという印象を持っています。 今回、1つ論文を読んでみることに...
ポリファーマシー

処方カスケードについて

処方カスケードについて自分なりに再度学習してみました。薬がどんどん追加されていく方に対して、何かできることはないのかと。その備忘録的な形になります。 「カスケード」とは、数珠つなぎのような意味で、処方カスケードは、処方が数珠つなぎになってい...
ポリファーマシー

ベンゾジアゼピン系薬の中止方法について

ベンゾジアゼピン系薬の中止・漸減方法についてのシステマティックレビューがありましたので読んでみることにしました。 A systematic review of interventions to deprescribe benzodiazep...
ポリファーマシー

ポリファーマシー介入の要因

Improving appropriate polypharmacy for older people in primary care: selecting components of an evidence-based intervent...
ポリファーマシー

ポリファーマシーのリスク因子

Potentially inappropriate prescribing in community-dwelling older people across Europe: a systematic literature review. ...
タイトルとURLをコピーしました