Age-friendly – 年齢にやさしい社会

≪Age-friendlyとは≫

Age-friendlyとは、人々が年齢に応じてQOLを向上させるために、健康、参加、安全のための機会を最適化することによって活動的な高齢化を促進するプロセスのことといわれています1)World Health Organization . Global Age-Friendly Cities: A Guide. World Health Organization; Geneva, Switzerland: 2007.

Age-friendlyコミュニティに関する文献のレビュー2)What makes a community age-friendly: A review of international literature.Australas J Ageing. 2009 Sep;28(3):116-21.PMID: 19845650によると、Age-friendlyコミュニティを構築するという課題を解決するために、高齢者自身が活動的な高齢化の条件を作り出すことができるように、政策立案者や計画立案者は、先を見越したアプローチを取り、複数のステークホルダーと関わることが奨励されています。

世界中のフォーカスグループの参加者によって、Age-friendly都市の核となる特徴を8つのドメインとして決定しています3)World Health Organization . Global Age-Friendly Cities: A Guide. World Health Organization; Geneva, Switzerland: 2007.。その8つのドメインは、図1のように、アウトドアスペースと建物、交通手段、住宅、社会参加、尊重と社会的包括、市民参加と雇用、コミュニケーションと情報、地域支援とヘルスサービスから構成されています4)The Challenges of Urban Ageing: Making Cities Age-Friendly in Europe.Int J Environ Res Public Health. 2018 Nov 5;15(11).PMID: 30714577

図1:Ageing-friendlyの都市の8つのドメイン

図1:Age-friendlyの都市の8つのドメイン

また、WHOの8つのドメインに基づいて、(a)物理的環境、(b)住居、(c)社会的環境、(d)参加の機会、(e)非公式・正式なコミュニティの支援とヘルスサービス、(f)交通手段、(g)コミュニケーションと情報の7つのドメインに焦点を当てている報告もあります5)Conceptualizing age-friendly communities.Can J Aging. 2011 Sep;30(3):479-93.PMID: 21745427 https://pdfs.semanticscholar.org/cbec/3950040d80d3c071e493e46bb6af65d110c9.pdf。カナダのマニトバ州で行われた、Age-friendlyの指標と人生の満足度・自己主観的健康度の関連を調査した研究6)Examining the relationship between communities’ ‘age-friendliness’ and life satisfaction and self-perceived health in rural Manitoba, Canada.Rural Remote Health. 2014;14:2594. Epub 2014 Jan 18.PMID: 24437338があり、ここでは、この7つのドメインを参考に、54の項目を作成し、測定していました。結果としては、多段階回帰分析で、全体的なAge-friendlyの指標の評価が高いほど、人生の満足度(b = 0.019、p <0.0001)と自己主観的健康度(b = 0.013、p <0.01)の両方に正の関連があることを示していました。

また、Dementia-friendlyという概念もあり、Age-friendlyとの比較を検討している報告もあります7)New Report by AARP International: “Better Together: A Comparative Analysis of Age-Friendly and Dementia Friendly Communities” Posted on March 23, 2016 by AARP Network of Age-friendly Communities in News, Publications。Age-friendlyとDementia-friendlyともに使用できる10項目の評価ツールと、複雑なシステムの概要を示した論理モデルの作成もされております8)An evaluation tool for Age-Friendly and Dementia Friendly Communities.Work Older People. 2018;22(1):48-58.PMID: 30166937

図2:Logic model: Dementia Friendly Communities

≪感想≫

淡々と箇条書きにはなってしまいましたが、まだ各国取り組み中であったり、評価方法なども一貫していないため、Age-friendlyの概念が社会にどのような効果を出しているかは不明確な印象です。
ただ、その中でも、人生の満足度などに、プラスの影響が出ている可能性もしめされていますし、個人的にはこういう考え方好きなので期待を持っています。
『もう生きていても誰かの迷惑になるだけだから』、『いつもごめんね、こんなことまでしてくれて』など、老化による様々な影響から生活に支障が出てきたりし、加齢に結び付いたマイナスな発言を聞く機会も薬局で働いていると多いです。
『高齢』という言葉にいい印象を持つ方は少ないかもしれません。楽しく年をとれる、年を取ることに不安を持たない、そんな社会がこれからは望まれているのかもしれません。

Follow me!

References   [ + ]

1, 3. World Health Organization . Global Age-Friendly Cities: A Guide. World Health Organization; Geneva, Switzerland: 2007.
2. What makes a community age-friendly: A review of international literature.Australas J Ageing. 2009 Sep;28(3):116-21.PMID: 19845650
4. The Challenges of Urban Ageing: Making Cities Age-Friendly in Europe.Int J Environ Res Public Health. 2018 Nov 5;15(11).PMID: 30714577
5. Conceptualizing age-friendly communities.Can J Aging. 2011 Sep;30(3):479-93.PMID: 21745427 https://pdfs.semanticscholar.org/cbec/3950040d80d3c071e493e46bb6af65d110c9.pdf
6. Examining the relationship between communities’ ‘age-friendliness’ and life satisfaction and self-perceived health in rural Manitoba, Canada.Rural Remote Health. 2014;14:2594. Epub 2014 Jan 18.PMID: 24437338
7. New Report by AARP International: “Better Together: A Comparative Analysis of Age-Friendly and Dementia Friendly Communities” Posted on March 23, 2016 by AARP Network of Age-friendly Communities in News, Publications
8. An evaluation tool for Age-Friendly and Dementia Friendly Communities.Work Older People. 2018;22(1):48-58.PMID: 30166937

Age-friendly – 年齢にやさしい社会” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です